2013年03月06日

『運行管理者』の試験を受けた

結局、後任候補の女の子は研修期間中に辞めてしまった。

自分には向いてないと判断したらしい。

なので私は引き続き一人で派遣ドライバーを続けることに。

この様子じゃ当分は正社員になれそうもないな・・・。

そんな中「運行管理者」の試験を受けてきた。

unkou.JPG

・・・続きを読む

2011年01月27日

中国語の勉強について

中国語の勉強についてアレコレ書こうと思いましたが結局はすべて言い訳か泣き言にしかならないのでやめました。

ただ言えるのは1度始めたからには途中で放り出すつもりはありません。それだけは自分の中で決めています。

しかし、無理やりイヤイヤやっても中国語そのものが嫌いになりそうなのであまり根詰めずに苦痛にならない範囲で気長にやっていこうと考え方を変えました。

確かに独学では勉強の仕方がわからないってのはあります。(もうホントどういうやり方をすればいいのかサッパリ)

いちおヤフーの知恵袋などで分からないところを質問したりもしましたが回答はもらえてもさらに色々つっこんで聞くということが難しいので完全には理解できませんでした。

他にも単語帳を作って仕事中の信号待ちとかで見てましたがなかなか覚え切れません。

やはり何事も独学でやるよりお金を払ってでもその道のプロに教わるほうが早道で効果が高くていいんでしょうね。特に私みたいな器用でない人間は。

話はそれますが去年の12月から始めた筋トレも腕立てをやってるうちにだんだん肩が痛くなってきたので今月の初めごろから休止してます。

これも本来ならプロのトレーナーに適切な指導を受けながらトレーニングをしたほう効果が出るのでしょう。(たかが腕立てですが)

とにかく中国語検定3級が受かるまではこの先も3月、7月、11月・・・と試験だけは受け続けます。

そのうち検定料を払い続けるのがバカらしくなって「いいかげん受かれよ!! 怒」って自分にカツを入れたくなるかもしれません。(そうなればしめたものですが。)

でも勉強してることをブログで公開してよかったと思っています。

確かに耳には痛いコメントもいただきますがそれがなければ私みたいな意志の弱い人間は続けることができないでしょう。

人知れず始めてたらとっくの昔に人知れずやめてたかもしれません。

だから厳しいことを言ってくれる方に対しては決して偉そうなコメントだとも思わないし、むしろ理路整然としたアドバイスとして受け止めております。

もちろん子供の落書きレベルの批判だったらこっちもキレますが、幸いこのブログを読んでくださってる方たちは見識の高い方ばっかりのようなのでそのへんは心配無いですね。

とにかくこの中国語の勉強を「失敗体験」で終わらせるのではなく「成功体験」として人生の糧にできるように頑張ります。

最近この言葉を知りました。

『高い壁を乗り越えた時、その壁はあなたを守る砦となる』